人と比べるのは馬鹿らしいからやめておけ

儂は、今までずっと自分と人を比べて生きてきた

 

自分はこんなんなのに…なんであの人は…

精一杯頑張ってるのに、なんであっちのが…

 

なんて思うことは日常茶飯事だった

昔よりは比べなくなったけど、今でもたまに比べてしまう

 

人と比べるたびに落ち込んで、元気出してはまた落ち込んで

そんな繰り返しで正直、人生楽しくなかった笑

 

じゃあ、今は人生楽しいのかって?

昔よりは楽しいかな~…

 

最初に言った通り、昔よりは比べなくなったからね( ˙꒳​˙  )

 

空を飛ぶ鳥に劣等感を感じる人はまずいない

 

なんで、前より比べなくなったかって話なんですけど…

 

空を飛んでいる鳥を例にするとわかりやすいです

 

空を飛んでる鳥に、劣等感を感じる人ってまずいないと思うんですよ

 

空を飛べない自分なんて…って思います?

思いませんよね?

 

そんなこと思うの、鳥人間コンテストに出る人くらいだと思う←

 

じゃあなんで

普通の人は鳥に劣等感を感じないのか

 

答えは単純で、全く別の生き物だから

 

人間が鳥と同じように飛ぶことはできないってわかってるから

 

それが不思議なことに、同じ生き物だと劣等感を感じてしまう

 

全く別の生き物には劣等感を感じないのに、相手が人間だとそれが生まれる

 

面白いですよね

 

でも、たとえ相手が何であれ

全く別の生き物と見るだけで、劣等感は無くなっていくんです

 

自分は自分、他人は他人

まさにこの言葉通りです

 

自分以外、みんな全く別の生き物

生き方も、環境も、考え方も、持っている才能も違う

 

そう思ってると、次第に人と比べることをしなくなります

 

比べたところで仕方がないって結論に至るんです

 

比べるべき相手は、過去の自分

どうしても他の人と比べてしまう気持ちは分かる

自分がそうだったから…

 

けど、本当に比べるべき相手は他の人じゃなくて、過去の自分

 

「隣の芝も、よくみりゃしょぼい」

良いなと思っていても、よく見るとそうでもないってことです

 

昨日より今日、今日より明日っていう風に日々自分が成長していければそれでいい

 

日々の成長なんかわからないって人は、1年前の自分と比べてみてください

1年前の自分より、今の自分は成長してる…そう思えれば十分

1年経っても成長しない人なんかほとんどいないと思いますよ

 

1年ってあっという間に感じるけど、案外いろんなことがあるもんで

そこからいろんなことを学んでいけばいいんだと思う

 

”人見知りだったけど、1年間色々な人と関わって人見知りが少し治った”

他から見たら小さいことかもしれないけど、本人にとっては大きな成長です

 

もう一度言いますが、比べるべき相手は過去の自分です

 

自分にしかできないことを、やっていけばいい

自分にはないけど、他の人にはある…それがうらやましい

なんてこと、きっと誰だって思うでしょう

 

でも逆に、その人にないものをあなたが持っているかもしれない

さっきも言ったけど、人間はみんな持ってるものが違うもんだ

 

あなたが持っているものを、磨き上げていけばいい

 

”いいじゃねぇか!お前はお前で!!”

 

GTOというドラマのワンシーンで

鬼塚英吉(おにづか えいきち)が野村朋子(のむら ともこ)に投げかけるセリフです

 

儂はこの言葉が好きです

今でも好きです

 

飾らないありのままの自分でも、そんな自分を好いてくれる人はいます

 

だから、無理して背伸びして立派な人にならなくたっていいんじゃないかな

良いところもあれば、悪いところもある

それが人間なんじゃないかなって

 

そもそも立派な人間ってどんな人間なんだろうね

 

人は誰もが欠陥品なんだよ完璧なんていない

いくらすごい人でも、どこかしら欠けてる部分はある

 

ただ持ってるもの、できることが違うだけで

みんなどこかしら欠けてるんだよ

 

活き活きしてる人、輝いて見える人

きっとみんな”自分らしく”生きてる人たち

そういう人たちの方が、魅力的に感じます

 

だから、自分は自分らしく

そうやって生きていけばいいんだと思う

 

あなたの良いところは、あなたしか持っていないんですよ