【比較】プルームテック・プラスとプルーム・エスはどっちがいいの?

どーも、珠(@tama_touhu)です。

 

発売当初にプルームテック・プラス

そして遅ればせながら最近、プルーム・エスを買いました。

 

もちろん、どちらも実際に使いました

 

そこで、今回は

プルームテック・プラスとプルーム・エス一体どっちがいいの!?

ってどっちを買うかお悩みの方に向けて、両方を比較をしてみたいと思います!

 

少しでも、購入の手助けになれば幸いです。

 

それじゃ、行ってみよー。

 

プルームテック・プラス

↓プルームテック・プラスについて書いた記事はこちら↓
【レビュー】吸いごたえが激増!?プルームテック・プラスを使ってみた感想

 

機能性・使いやすさ

電源ボタンあり。

バッテリー残量やカプセル交換時期のサインは電源ボタンの周りが光る作りになってます。

 

1カプセル50パフ(吸い方による)まで行けます

交換のサインが出るまでは、吸いたい分だけ連続で吸い続けることが出来ます

 

使いやすさですが、カプセルの交換だけならスティックを挿し込むのと変わらないのですが

プルームテック・プラスはリキッドがあるのでそれの交換が面倒。

 

吸い心地

悪くはないです

喉に対してキック感もあります

 

ただ、プルーム・エスを吸ってから吸うと物足りない

 

煙は、爆煙ではないですがプルーム・エスと比べたら多い

 

臭い

臭いがしないのがプルームテック・プラスの売りの一つってこともあって

ほぼ臭いはしないです

 

携帯性

細長くコンパクトなので、持ち運びやすいです

ポケットまたはバッグの中と場所に困らない

 

価格

プルームテック・プラス スターターキット

メーカー希望小売価格 4,980円(税込)

カプセルの価格は均一で各500円(税込)です。

 

プルーム・エス

↓プルーム・エスについて書いた記事はこちら↓
【レビュー】紙巻きたばこに近い!プルーム・エスを使ってみた感想

 

機能性・使いやすさ

電源ボタン無し

ただ、アクションボタンというボタンがあります

スティックを挿し込むところにカバーがあり、そのカバーをスライドさせることで電源が入る仕組み

 

カバーと閉じた状態でアクションボタンを押すと、ボタンの下にある4つの小さなランプでバッテリー残量は確認できます

カバーを開けた状態でアクションっボタンを長押しすると、加熱が開始されます。

 

加熱開始、終了の合図はバイブレーションによって知らさせてくれます。

 

プルーム・エスにはリキッドが存在しないので

交換はスティックを挿し込むだけなので、手軽さはこちらのがあります。

 

吸い心地

アイコスのようにスティック状ということもあって

より、たばこに近くなっています。

 

吸った感じもしっかりとキックはあります

味も、たばこ!って感じ。

 

煙の量は少ない

それに、最初は吸っても煙が出ない

 

臭い

加熱式ということもあって、やはり独特な臭いはします

臭いだけで比べると、プルームテック・プラスの方が勝ってますね

 

ただ、加熱温度は約200℃なので限りなく臭いは抑えられてる。

まぁ、それでも臭いはします。

 

臭いは、バニラっぽい甘い匂いがします

 

携帯性

プルーム・エスはプルームテック・プラスと違て、細長くありません

なのでプルームテック・プラスよりは幅は取りますが、それでもコンパクトなのでそこまで困らないでしょう

 

価格

プルーム・エス スターターキット

メーカー希望小売価格 7,980円(税込)

 

ただし、2019年9月30日まで半額キャンペーンが実施されています

 

たばこスティックは均一で各480円です。

 

まとめ

プルームテック・プラスとプルーム・エスをざっくりと比較していきました。

 

どっちにも、もちろんメリット・デメリットはあります

 

使いやすさ臭い本体の価格スティックまたはカプセルの価格

などなどを考えたうえで、どっちがいいのかって変わってくると思います

 

けど、どうしても臭いが気になるっていう方はプルームテック・プラスのがいいでしょう。