Bluetoothイヤホンのメリット・デメリット

スポンサーリンク

初めて揚げ物に挑戦したとき
見事に黒い岩石を作り出しました。

どうも!ナオトです!

 

新作iPhone・・・結局イヤホンジャックは復活せず
音楽等を聴くには新しくBluetoothのイヤホンを買うか
変換ケーブルを使って有線でイヤホンを使うか・・・

今後、iPhoneにイヤホンジャックが復活することはないのだろうか

でも、Bluetoothイヤホンなかなかいいよ←

さて、今回はそんなBluetoothイヤホンを使って私が感じたメリット・デメリット
iPhoneに繋ぐ前提で話していこうと思います。

あ、その前に
今私が実際、私が今使っているのは左右独立型イヤホンっていわれるやつで
イヤホン
ERATO MUSE5と言うイヤホンです

こちらのイヤホンに関しては最後にお話しようと思います。

それでは、本題いきましょ笑

 

スポンサーリンク

メリット

・有線とは違い、コードが無いから楽!
※ただ、左右をつなぐコードがある物とない物がある
全くコードがないのは先ほど画像でお見せした「左右独立型イヤホン」

Bluetoothだと煩わしく感じていたコードがないから
本当にかなり楽です!
コードが絡まったときのあのイライラともおさらば!

ちょっとこの場所から移動したい!
と思ったときも、ワイヤレスなので移動が出来きるのがありがたい
少し離れたところでもそう簡単に切れることはないので安心です。

iPhoneを充電しながら音楽だって聴けちゃいます!

対応してればハンズフリーで通話だって出来ちゃいます!

 

ただ、実際使ってみて今でも思ってるのは
正直なところiPhoneと繋ぐコードがないことくらいしかメリットがわからないです。

 

デメリット

・iPhoneに繋がない代わりに充電式になる

イ・・・イヤホンを充電するの?
って最初思いました笑

充電が切れたらもちろん使えなくなります。

その点は言うまでもなく、有線のがもちろんいいですね

 

・たまに音が途切れる

やっぱり無線と言うだけあって
たまに音が消えたりはします。

普通に歩いてるときでも急にプツプツになったり・・・

 

・ハンズフリーを使う場面が・・・

前述でハンズフリーで通話ができるといいましたが
画面を確認しなきゃ誰から電話来たのかわからないことを考えると
まぁ車や自転車を運転しながらでない限りハンズフリーはそんなに使わないかも。

でも作業してるときとかには便利かもしれませんね!

 

・ゲームをやる際、音にラグがある

特に音ゲーには致命的です。
動画を見るときも、ズレがはっきりわかります。

※ズレがでないものも中にはあります。

 

音質

これ気にしてる人割と多いんじゃないかな?

聴ければそれでいい!って人はこの辺は大丈夫ですね

音質はもちろんメーカーにもよります
有線でも無線でもここは一緒だと思います。

Bluetoothは音質が悪い と言う人もしますが

正直、私はあまり音の違いがわからないので
何とも言えませんが・・・

一つ言えるのは
SHURE(シュア)のイヤホンは音質がすごくいい
ただ、有線です。そして価格も高いです。

 

まとめ

なんかごちゃごちゃ書いてしまったので
まとめます!(最初からそうしろよ)

メリット
・煩わしいコードとはさよなら
・コードが絡まるイライラが無くなる
・iPhoneの近くに居なくても音楽が聴ける
・iPhoneの近くに居なくても通話が出来る

 

デメリット
・充電式になる
・充電が切れたら使えない
・音がたまに途切れることがある
・音にラグがある(物による)

 

私的オススメは「ERATO MUSE5」

まぁこれだけに限らず
左右独立型イヤホンをオススメします!

私はこのERATOしか持っていないんですけど
充電が外で切れる心配が無いんです!

左右独立型イヤホンは充電が出来るケースが同梱されてますので
そのケースを充電しておけば、外でもイヤホンが充電できると言うわけです。
(同梱されてないものってあるのかな・・・)

あと、ERATOに関してなんですが
ケースの充電量がランプでわかるようになってます
これはほんと助かります

青ランプは充電がある状態
赤ランプは充電が無い状態

 

・・・充電無いじゃん!!

 

それと個人的にですが
ERATO MUSE5は見た目が好きです!
可愛い!

やっぱ見た目も大事ですよね(ノ∀`)

 

ワイヤレスを使い出したら抜け出せませんね
やっぱ人間、楽を覚えたらそっちいっちゃいます笑

 

とういわけで、今回はここまで!
皆さんも、自分のお気に入りのイヤホンを見つけて
音楽ライフを楽しみましょう!(趣旨が変わってる)

スポンサーリンク

情報

Posted by ナオト