中学時代、教師(講師)につけられたあだ名が今でも忘れられない

スポンサーリンク

ナオト
どうも、ナオトです

 

普段、皆さんはどんな呼ばれ方をされていますか?

名前?それともあだ名??

 

親しみを込めてあだ名で呼び合うのってすごい憧れるんです

 

私は人に対して一人称をつけるのがなんか苦手←

 

なので年上の方を除いて「呼び捨て」であったり、たまに勝手にあだ名をつけちゃったりしてますw

 

でも、なぜそう呼んだ!?って思うことありませんか?

全然本名にかすってもいない呼び名・・・まったくしっくりこない

 

名前に少しかすってるならまだしも・・・最悪一文字もいないってなるとなんか性格や外見でつけた間MAXで嫌だ

 

そんな私が、中学時代に教師(講師)からつけられた今でも忘れられない謎のあだ名
そんな呼ばれ方されるのはその時がきっと最初で最後だろう

 

むしろ最後であって欲しい

 

 

その時はちょうど英会話の授業中だった

日本人の教師と外国人の講師の2人が教壇に居たんだ

 

そして、授業の途中でちょこちょこ問題を当ててくるんだ・・・講師の方が

片言ながらも名前を呼んでくるんだ、講師の方が・・・

 

そして、講師が次に問題を当てる人の名を呼んだ

 

 

「エキサイティングボーイ」

 

 

急に出てきたその言葉に私は講師を見た、が講師も私を見ていた

 

 

お・・・俺か!?

 

 

目をそらさないから分かったよ・・・「あ、これ俺のことだわ・・・」

さっきまで片言ながらもちゃんと名前で呼んでたやんと思いつつ、それと同時に私は心の中で叫んだんだ

 

 

なぜそう呼んだ!!

 

 

 

もっと他にあったでしょう、なぜそれをチョイスした講師よ

 

その時は、もう笑うしかなかったよ

だって講師の人楽しそうなんだもん笑うしかないよ

 

そのとき以来、その名前で呼ばれることはなかった

ーEND-

 

 

 

まぁ終わりじゃないんですけどね
実はもう一つあるんです忘れられないあだ名

 

 

時は同じく中学時代

 

体育の授業で走り幅跳びをしていたんだ

 

不運なことになぜか私は着地したときに腰を痛めた
なぜ腰に負荷がかかったのかは未だに謎

 

そして体育教師に腰が痛いので見学させてもらうよう言いに行った

 

走り幅跳びで腰痛めるだなんてダサすぎる・・・

 

数日直らない腰の痛み・・・そしてまたやってくる走り幅跳びの時間・・・

 

そして体育教師の口から出た言葉が

 

 

「おい、腰痛」

 

 

 

もう俺しかいないじゃん

 

腰痛めたことよりもそれで呼ばれることのがダサいっつーの!!

 

ってかはずいわ!w

 

そして腰痛というあだ名は、時間と共に消えていきました

 

 

皆さんも人にあだ名つけるときは気をつけましょうね
相手の導火線に火をつけないように・・・

 

 

ー本当にEND-

スポンサーリンク

ブログ

Posted by ナオト